トリミングホップ
ホーム > 関節痛 > 肩関節痛の原因と対策

肩関節痛の原因と対策

肩関節痛で有名なのが五十肩です。でも肩関節痛は若くても起こります。肩が上がらないと仕事や生活に支障をきたし困りますよね。それでは、肩関節痛はどうして起こるのかを説明します。まずは老化することによって起こります。老化すると筋力が低下します。そして骨と骨がぶつかりあい、関節が軟化して起こります。次に運動不足が考えられます。運動不足により筋力が低下し、肩の中の柔軟性がなくなり炎症を起こし肩関節痛が起こります。それとスポーツによっても起こります。スポーツの肩関節痛で有名なのが野球です。ボールを投げる時のバランスが悪かったり、肩の使い方が悪かったり、肩を酷使し過ぎたりすることによって肩関節痛は起こります。このようになった時は、ボールを投げるのを禁止してちゃんと治すことが大切です。それと心筋梗塞の前兆として起こることもあります。血流が悪くなりおこるのです。それではどうやって治療すればいいのか?治療法には、炎症を抑えるスプレーや注射、手術などがあります。こうならない為にも、ストレッチや適度な運動などで肩関節痛を予防しましょう。

関節痛・神経痛に効く治療・改善法は?サプリの口コミ比較